人気ブログランキング |

三権分立への危機感

森友学園問題で籠池理事長の自分勝手な言い分を国会証人喚問で聞きながら、改めて日本の三権分立は機能しているかと考える機会が出来た事は怪我の功名であろうかと思います。
a0016161_21443652.gif
長年、戦後日本の政治は三権分立が機能して政治の暴走は生じないと信じていたのが、よく考えると日本の議会制内閣制では行政に権限が集中しているように思えて仕方がありません。
行政への権力一極集中です。
国会で多数を占めた政党が内閣を構成する・行政府に属した国会議員は立法権も持ち続ける・、裁判官も行政府に属する司法省の管轄である・行政府の下に在る裁判所が行政の長の意向に反するには限界があるに違いありません。
まして立法府である国会は専門行政官である官僚出身者が多数を占めています。
日本は官僚政治、行政府国家であることを実感します。
独善的な我欲教育者が日本の政治に目を向けさせて呉れた事に救いの欠片を見つけました。
a0016161_20314201.jpg

トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/23746327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomiete3 at 2017-03-26 20:21
もうすぐに桜の花が咲きますね。・・

 ガヤガヤううさいです・・騙されないように・・自分が見極めなければですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2017-03-25 22:17 | Trackback | Comments(1)