人気ブログランキング |

野の草花の生命力

a0016161_16255189.jpg
晩春の陽気に誘われ花壇の草を2時間ほど抜いた。

芽を出して僅か2週間程度で種子を付け始めている。
今の時期は抜くのも簡単だが暫く経てば根を大きく張る。

  草を抜きながら八十翁は妄想に耽る。

人間社会も草の根の庶民が一番、強く生命力旺盛に違いない。
近代史でのヒトラーを挙げるまでもなく時の支配階級は庶民の底知れぬ強さ有色人種の生命力に恐怖すら抱いたのではあるまいか?
古代史、近代史を問わず、歴史上の出来事は現代社会でも続けられている。
上位階層に存在する人々には庶民の存在は無視できるものに過ぎない。
人生、長くなったとは言え僅か80年、自分だけでなく我が子々孫々の安泰を願い既得権の存続を図る。
然し歴史を見よ、その結末を人の世は振り子のように揺れ続ける、決して止まることは無い。
  ここで妄想から目覚める。

雑草の世界では既得権維持、規制強化を続けるのは人間であろう。人間のの手が離れれば雑草・雑木の世界に戻るに違いない、既に過疎地ではその実験が始まっている。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/23711227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2017-03-11 17:09 | Trackback | Comments(0)