人気ブログランキング |

2・26から81年

一昔とは十年前の事です。
昭和11年2月26日もう八昔の出来事、お伽話の世界と思う人が多いくらいの歳月が過ぎています。
当時としてはエリートであり知識層と自負した青年達が決起した無謀な行動がその後の国の運命に如何ほどの影響を及ぼしたかを無学の身に知る由もないが国の進路を誤る一つの契機には違い無いでしょう。
現在の社会を見る限り日本に限らず、世界各地の若者が閉塞感を抱き現状打破を考えていることは想像に難くありません。
アメリカの政界、日本の政界を問わず、相互理解の兆しすら見えません。
国会討論がTVに映される部分だけとは思いたくありませんが、映像に写る限りでは民主主義社会の議論の欠片も見えません。
行政府には野党の質問、疑問は国民の疑問と受け止め丁寧に説明する義務が有る筈です、選挙の結果が全てであるならば、議員は不要であり極論すれば、法律、政令毎に国民投票すれば済む話です。世代間の断絶、異論無視の現状打開の妙策は無いのでしょうか?
     季節は確実に訪れます。
a0016161_20292644.jpg

トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/23680191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2017-02-26 21:05 | Trackback | Comments(0)