人気ブログランキング |

戦争の極限の残酷!!

a0016161_20144683.jpg
a0016161_20155701.jpg
2016年、今年も残り少なくなりました。
野鳥が運んできた種子から育った庭の紅葉の残りも数葉もうお別れです。
シリアからの悲しい報道、7歳の幼い少女に爆薬を持たせて遠隔操作で自爆攻撃、これほど悲惨な事実があるのです。
然し、日本人が残酷、非常識と非難できるでしょうか?
昭和20年小学4年生の頃、満州に住む我々小学生は連日、軍事演習、手榴弾の投擲訓練は当たり前、物干竿の先端に爆薬を着けて戦車の前に突き出す訓練、最後は丸い輪に油を沁み込ませた布に火を着け飛び込む訓練の日々でした。
本心は判りませんが指導する教職員も真剣そのものでした。
僅か70年前の日本の現実です。終戦と同時に豹変した教育に携わった教職員も教育を受けた生徒も大人の話を疑う心を持ったに違いありません。
私は幸か不幸か2年間のブランクを経て戦後日本の教育を受けた所為で別世界の教育と受け止めたらしく違和感無く戦後教育を享受しました。
今現在、世界で起きている悲惨な現実は我々が通った道であり、再び通るかもしれない道であるかもと肝に銘じる日々です。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/23500400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2016-12-25 20:55 | Trackback | Comments(0)