人気ブログランキング |

食への拘り・・

a0016161_20441610.jpg

我が父は自由気儘に生き若くして世を去った。
戦前・戦中は子供達と夕食を摂る事も無いように毎晩、料亭で過ごすような生活であった。

戦後、引揚げてからは様々なアイデアで農家の女性の小遣い稼ぎの手段を講じ自分の一文の稼ぎにもならない事に一生懸命であった。
煙に燻る炊事場の竈の改善、売り物にならぬマテ貝を獲り茹で上げて乾燥し出汁の素を販売する等々、今考えても相当のアイデアマンであったが自分の稼ぎは皆無であった。時には木材の仲介をしても一円の手数料も貰わない。
祖母が「手数料はもろうたか?」と聞くと「いや持つてこん」と言う状況であった。
そんな父が46才で死んだ後に祖母が「あの子の良かところは、子供の頃から今まで食い物の文句は言うたことは無かった、・・美味かったご馳走様・・と必ず言うた」ことがある。
私も美食家では無い然し拘りは多い、毎朝食、大根おろしは欠かせない、大根は細長い辛い品であるが辛味大根は駄目だ。
ナッツ類が好きだが、今は「ピスタチオ」である、銘柄は有馬芳香堂製と決まっている。
暇に任せて駄文を・・


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/23458715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2016-12-11 21:33 | Trackback | Comments(0)