一夜遅れのフルームーン

a0016161_19321518.jpg
昨夜は残念ながら雨、今宵は晴天十六夜 満月に近い月です。
知らぬ間に家の真上から照らしている。

太陽は朝日、夕日を眺める外なく輝いているが月はゆとりを持って眺める事が出来る。

私達が住む下界では米国ではトランプ、韓国では朴槿恵と次期、現大統領の話題で騒然としているが、この月を眺めていると矮小な事象に思えて来る。考えて見ればアメリカ合衆国の政治形態は良く出来た制度に思える政権与党が多数を占めていると言えども大統領の思うままに立法出来ない、行政権と立法権の分離が確立している、司法権はやや怪しく感じるが。
議員各人の良心を基に論議が行われ党議拘束は無いと聞き及ぶ。
「政府が右と言えば左とは言えない」と言うメディアが存在し、行政府の長の言を報道するメディアが横行する国とは相当、異なる様である。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/23367622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2016-11-15 22:04 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide