アルバム(紙の記録)の大切さ。

a0016161_20454626.jpg
戦前の家族写真です。

父は写真を残す事が大好きで事有る毎に写真を残していました。
私が2才半の頃の写真、父は写真を我が家に残すだけでなく親兄弟に送っていたようです。
この写真も実家に居た妹(叔母)に送ったものが残っています。
銀塩写真の時代には必ずアルバムに残しましたが、デジカメの現在ではPCに残すか精々DVDに残す程度で済ませます。
度々家族写真はアルバムにと思いながらも先送りしています。
この中で残るのは姉と自分の二人だけ思い出に残るのはこの写真と裏書の父の筆跡のみとなりました。
面倒でも手書きの書類と写真だけはアナログで残したいと思うだけの日々です。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/23288190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2016-10-14 22:10 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide