人気ブログランキング |

熊本城を偲ぶ日々。

熊本城の被害の甚大さに驚く日々を過ごしています。
昭和20年代、高校生時代の熊本城は荒廃していました。
天守閣は勿論、各櫓も長塀も荒れるにまかせ城址と呼ぶに相応しい状態で存在していました。
唯、雄大な石垣が城の存在を誇示するように威容を誇っていました。
その石垣が今回の地震で崩壊する信じ難いことが起こりました。
爾後 60年の歳月を経て昔日の面影を取り戻した雄姿が一夜にして消失しました。
a0016161_20554851.jpg
a0016161_20555777.jpg
a0016161_20553159.jpg
a0016161_20551986.jpg
最近、10数年の撮り溜めた画像を整理中ですが屡々手が止まり進みません。
復元には気が遠くなるような時間が必要でしょうお互いに現在の復興の気持ちを持ち続けたいと願います。
21時23分、関東地方に地震発生、この地震大国でせめて地震発生時には原発停止する議論が出ないのも不思議に思えて仕方が有りません。

トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/22816310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sidediscussion at 2016-05-16 22:34
こんなに美しい九州のシンボル熊本城を見せていただくと、ドキドキしまあす。

素晴らしい記録ですね。今やパソコンの中に眠らせておくのは惜しいです。

撮り溜めておられたのですね。

ゆっくり他の写真も見せていただきます。素晴らしいです。
Commented by tabibitohide at 2016-05-17 08:06
崩壊前の状態に復元するまでの長い期間を考えると、石垣の復元も併せた今回の復元には気の遠くなる歳月が掛かるでしょう。
時間の経過につれ復元不要論が出てくるのではと懸念します。
懸念が杞憂に終わればと願います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2016-05-16 21:31 | Trackback | Comments(2)