人気ブログランキング |

2・26事件に思う。

a0016161_21173942.jpg
80年前の今日、昭和26年2月26日、後に2・26事件と呼ばれる陸軍青年将校による反乱がおきました。
私が生まれた一月後の事ですから当然、記憶に有る筈もありません。
当時の陸軍上層部には青年将校の決起を是とする者も多かったと聞き及びます。
私がその詳細を知るのも終戦後の事です。
銃砲等が厳しく規制される我が国において合法的に殺人道具の武器の所持が認められている、自衛隊、警察は万が一にも暴走することが無いように文民統制(シビリアンコントロール)が定められている筈です。
しかるに今、再び軍事における武官優先を求める声が大きくなりつつあり現政権も容認の方向にあるやに聞き及びます。
古来、農民が暴徒から身を守るために屈強な若者を農作業を免除し守備優先の組織としたのが肥大化して武士集団となり逆に農民を支配する側に回ったに違いありません。
人間は常に愚かな動物に過ぎず暴力的手段を手にした時に支配者に変わります。
国会論議を聞いても本質的な問題追求は無く枝葉末梢な時点で終始しています。
国会議論も全て己達の身分保障に汲々としている現状にあきれるばかりです。
国民には今の議員が当選しようがしまいがどうでもいい事です。国民にとって最善を求めて行動する人を求めているのです。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/22529098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2016-02-26 21:58 | Trackback | Comments(0)