人気ブログランキング |

若者の将来を憂う

a0016161_20204313.jpg
近隣には若者の姿を見掛けない。否 多くの若者を見るが学生たちである。
学生以外の青壮年は居ても見かける事は少ない。
殆どの働き手の勤務体系は不定期で休日でも昼間、見掛けない。

我々の時代は確かに苦難の時代であった。然し前方には希望があった。家電メーカーに勤める人には己が作り出す製品は高値の花であり、自動車メーカーの社員も然り、皆が自分の手で造り出す数々の製品は所詮 富裕層の為の商品であった。
然し何時かは自分も手に出来るとの希望があり微かながら先が見えていた。

現在はどうであろう、給与は上限が見えている、何よりも自分が作り出す製品を自分が手にする事が可能か見えてこない。
自社製品を自社の社員、下請け企業の社員が購入不能な社会が発展する筈も無い。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/21729796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2015-10-11 20:58 | Trackback | Comments(0)