人気ブログランキング |

古里の田園、荒廃す。

a0016161_21082543.jpg
私の田舎の住居跡である。
隣接する畑と併せ僅か250坪余りであるが草に覆われているが昔からある柿の木と琵琶の木は傾きながらも活きている。
数年前までは我が家の土地だけが草に覆われ肩身の狭い思いをしていたが最近は周辺、すべてが草に埋もれ変に安堵する。
昔から、狭隘な天草では数軒の庄屋が所有する農地を自家消費分の収穫を得るために借り受けていたいたのが戦後の農地改革で分散して各戸が所有する狭小な土地の集合体である。
恐らく数年後に殆どの農地は耕作放置されるに違いない。
然し,此処に佇むと中学生時代、何を語るでもなく縁側に座っていた日々を思い心和む。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/21616877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomiete3 at 2015-09-06 06:25
おはようございます。

 いつも心に響くコメント拝見しています。
  昔、国破れて山河在り・・と言う言葉を思いだし、現在は全く逆で
国とみて山河滅びる・・出しょう。・・
 なんといっても少子高齢化・・一極集中で田舎は人影がなくなってゆきますね。
Commented by tabibitohide at 2015-09-06 15:45
> tomiete3さん
高速道、自動車専用道の中間知地の疲弊は顕著なものがあります。
便利さと裏腹に失うものの多さに気づかせられます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2015-09-05 21:31 | Trackback | Comments(2)