人気ブログランキング |

戦争の悲惨さを知らない日本人

a0016161_21023677.jpg
中東の子供達が戦禍の中銃撃の砲弾の飛び交う中で普通に生活する映像を自然に見る自分が居る。
恐らく生まれながらに戦禍の中で育つ子供達は銃火、砲弾が飛び交うのは日常であり、生死は偶然の中に有ることを自然に受け入れているのに違いない。
日本の子供達も昭和20年の敗戦までの空襲で逃げ惑った人々が多くいた。
その記憶の残る人々も最年少での70才を超えている。70年戦火をを経験しなかった日本は世界で一番、幸福を満喫した国民に違いない。戦禍から国民を守ることが最優先の国家の責務である、守ることは「守ると攻める」一体化して捉えがちであるが守ることを限界まで考察、実行する手段を求める事を国民全体で考え語り合いたい。
「守も攻めるも黒鉄の・・・・」の歌声が遠くに聞こえる・・・


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/20993468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2015-03-12 22:25 | Trackback | Comments(0)