人気ブログランキング |

藁葺きの風雅

a0016161_20443623.jpg

                     資料画像参照
私は、昭和22年旧正月に日本に来た。
父の故郷ではあるが風俗、風習、言葉の異なる文化に大きな戸惑いを覚えた。
当時は藁葺きの家も多く、民家の佇まいには不思議な懐かしさを感じた。
5年間の生活で今でも心に残る思い出は、他家を訪ねて留守でも縁側で自由に待つことが当然だった事。
昭和27年から過ごした熊本市周辺ではもう他家の門前で待つことも不審な目で見られた。

自由に縁側で待ち縁側で談笑できる住まいを欲しいと思うが叶わぬ夢であろう。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/20091344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2014-08-13 20:57 | Trackback | Comments(0)