人気ブログランキング |

憲法は誰のもの。

a0016161_18302172.jpg
憲法は誰のもの、当然ながら国民の物である。
安倍政権は国民に全権を負託された国会議員に政策実行の権限を委託された政府が最高機関であり政府はその意志を貫徹する責任を負うと考えているようだ。
多くの国民が危惧しているのは集団自衛権、そのものに対する不安もあるが、それ以上に国民が時の政権を牽制するための憲法が一内閣の思惑、他国との約束事を優先する結果として解釈見直しで運用することへの反発である。
国民の物であれば当然、国民が変えるべきであろう。
国会答弁でも本質の部分を避け使用末梢の部分に置き換える良識ある筈の与党議員が右へ倣えの情けない姿に失望し怒りに変化しつつあるのが現状と認識する。


トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/19929285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2014-06-23 19:34 | Trackback | Comments(0)