ピカソ展を見ました。

a0016161_20405298.jpg

芸術展素質皆無の身にはピカソほど判らな画家はいない。
高校時代は抽象画全盛であった。中学生の延長で美術部に所属したが毎日、線を引き、丸・三角・四角と何をしてるのか無為に時間を潰していた。
発表会では下足番が定位置、作品らしきものは一枚も描かなかった。
ピカソ展では一枚を長時間眺めていると何となく表現する意図はわかった気分になる。
美的感覚皆無の身にはキャンバスに叩きつけられ弾ける色が好きだ。
色を鮮明に識別できるのは人の特権だろう。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/19756895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bukkin at 2014-05-06 19:05
ピカソ展ですか!どう考えても何故あんなに有名なのか分かりません。
子供のいたずら書きのようにしか見えないのであります。
芸術音痴の、ブッキンの感想であります。
Commented by tabibitohide at 2014-05-09 21:46
私もピカソだけはわかりません。
あのような絵を描きたいとも思いません。
芸術音痴に違い有りません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2014-05-03 20:56 | Trackback | Comments(2)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide