小峰墓地散策

墓地を散策すると核と些か不謹慎にとられるやもしれない。
年齢を重ねた故か古い墓地を歩くとその時代を生きた人の温もりを感じる。
明治・大正・昭和の時代に増え続けた人の眠る場所が少なくなり現代の墓碑というより記念碑化したのはやむを得ない現実であろう。
大名家、貴賓の名家以外が後世に残る墓碑を建立するのは明治以降であろうから古いとは言え明治以降の墓碑であろう。
苔むした個人墓碑にはその人の人生が刻まれている。
a0016161_227695.jpg

a0016161_2273572.jpg

a0016161_228433.jpg

a0016161_2283543.jpg

西南の役、日清、日露戦争以降の戦死者の埋葬の為の墓地だけに戦死者の記念碑が多い。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/19704587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2014-04-21 22:11 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide