野に置け蓮華草

「手に取るなやはり野に置け蓮華草」
朝、庭の草を取りながら、樹木を植えていない場所に木の根らしきものを見つけて掘り返した。
直径5cmほどの大きな根、辿ってみるとヒゴタイの若芽に届いた。
数年前に蒔いた種から育ったヒゴタイが毎年、庭を彩る。
然し、年を経るごとに庭の地中を席巻していることに初めて気づいた。
産山の草原に咲くヒゴタイは美しく心和ませるが狭い庭に咲くヒゴタイはやがて邪魔者になる・
やはり「野に置け蓮華草」である。
a0016161_21445635.jpg

     昨年の庭に咲くヒゴタイの花
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/19661840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2014-04-09 21:46 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide