人気ブログランキング |

五族協和の美名に送られて・・

熊本博物館・熊本護国神社周辺を散策した。
護国神社の社殿の右横には南太平洋戦域での戦没者、満蒙開拓青少年義勇軍の戦没者の慰霊碑が並び立つ。
私の叔父の一人はブーゲンビル島で戦死。もう一人は開拓義勇軍に参加、ハルピンの病院で戦病死。
32才と19才の若さで未婚で参拝する孫子も存在しない。
大和・朝鮮・漢・満州・蒙古の五民族が協和して新天地を造ると言う美名で全国から8万六千名の14~16才の少年がソ連国境近くの極寒の地へ送られた。
終戦の混乱期にはこのうち2万4千人が亡くなったと言われている。
真実を知らされず国家に命を捧げた人々の存在は父母が世を去り忘れ去られつつある
尊い御霊に思いを寄せ神殿に頭を垂れ祈りを奉げる。
a0016161_21343554.jpg

a0016161_21351417.jpg

トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/18974247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2013-11-15 21:35 | Trackback | Comments(0)