人気ブログランキング |

セットバック部分の寄附

家屋の建築に際しては二項道路に接している敷地で、道路の境界線を後退させなければならない。
そのまま何もしなければ、後退した土地にも固定資産税が掛かり続ける。
我家の土地も37年前に中心線後退した、30年前、市の水路建設にさいして後退部分の寄附を依頼され承諾した。
後は市で処理するとの話で多忙にかまけて忘れていた。
最近、必要性があり調べると寄附は行われず、固定資産を払い続けていた。
その後、寄附の手続きを始めるがその面倒なこと・・・・
建築基準法で中心線後退は義務付けられ、後退部分は資産評価しないと国税庁通達で示されている。
そうであるならば建築確認時に寄附を依頼し評価減を図って当然と庶民は思う。
しかしそうはならない、建築課と税務課、道路管理は別である。
それに費用が掛かる、自己責任で行動するほかないのが現実である。
a0016161_1703428.jpg

夜中に咲いていた夕顔が夕方に開くようになった。涼しくなって来たに違いない。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/16185182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2012-09-13 17:02 | Trackback | Comments(0)