人気ブログランキング |

サラリーマン経営者の悲哀。

オリンパスの粉飾問題が話題になっている。
高収益、優良企業のサラリーマン経営陣の悲哀を感じる。

片方で大王製紙の創業者の直系トップによる放逸な資金流用、図らずも絶対的な権限を持つ創業者一族とサラリーマン経営者の負の面が表面化した。
個人経営に於いては最終責任は経営者に帰する。
株式会社では経営者は出資者である株主に対しての責務を負う、当然、信頼を頂く債権者、会社を支える社員、社会に対する責任を持つ事も当然である。

然るに現状は現状追認の取締役会、株主総会報告承認が当然となっている。
現在の時価評価会経緯の是非は論議があるが正当、性格に継続する事で評価は固まる問題である。

サラリーマン経営医者が真の評価を妨げる要因は自分が受け持つ期間を平穏無事に過ごすために精力を傾注する結果に他ならない。
a0016161_2124088.jpg

    初冬の朝顔は昼間も翌日も咲き続ける。本当の朝顔の季節は晩秋に違いない??
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/13981309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2011-11-10 21:26 | Trackback | Comments(0)