人気ブログランキング |

年金改革

年金制度が崩壊寸前と言われる。
可笑しな話である、年金支給が増加して何年、経ったのであろうか。
自分達の年代より少し前からが本格的に満額支給になったに違いない。
私の場合も昭和30年から45年間、厚生年金の保険料を払い続けて年金受給開始から11年この短い期間で破綻するような制度設計自体が政府の無策の結果である。
国民年金の3号被保険者の問題が云々されるがこれも国民の切なる要望で制定されたのではない。
我が家の妻も厚生年金任意加入の国民保険と18才から一月も欠ける事無く保険料を払い続け昭和61年に貴女は3号被保険者ですと有無を言わせず制度に組み込まれ私の退職後は国民保険への再加入を自己申請で組み替えさせられ保険料を払い、優遇され過ぎとは何をや言わんである。

国は制度設計の誤りを認め謝罪した上で制度変更を提案するのが筋ではないのか。
小宮山厚生大臣の慇懃無礼な笑顔を見る度にはらわたが煮え返る。
a0016161_2213836.jpg

トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/13892874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bukkin at 2011-10-30 09:06
私が家の妻の場合もまったく一緒です。腹が立って仕方がありません。
Commented by tabibitohide at 2011-10-30 11:20
長期的なビジョンを示す事も無く、小手先の方策で糊塗する政治家、高級官僚、彼等は本当に頭脳明晰で優秀な人材かと疑います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2011-10-27 22:02 | Trackback | Comments(2)