人気ブログランキング |

草取りしながら考えた。

朝、庭の草を取りながら愚者は考える。
人類は何か地球に貢献したであろうか。

地球上の生物は動物、植物に限らず、長い年月を掛けて、大きな資源を太陽からのエネルギーを己の身体に取り入れる事で残して来た。今も蓄え続けている。
人類は他の生物が営々と残し続けた貯蓄を僅か100年余で食い尽くし地球の構成物質までエネルギーへの変換を計り原子力として利用する禁断の道を選んでしまった。

自分の手で己の身体を食い尽くす最後の手段に手を染めたのではあるまいか。

草を取りながら思う人間は雑草と呼び自分に不要な草を取り除き焼却する。
この草も太陽の恵みである。多くの小動物、昆虫には大切な食物に違いない。

せめて樹木の根元に戻し樹木の生長の糧になるようにと考える。
a0016161_16172086.jpg

       利休梅 利休忌(旧暦2月28日)頃に咲く
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/12374055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomiete2 at 2011-04-06 08:49
おはようございます。

  植物の一生・・・・人間のわがまま・・・
また苦そのとおりですね。侵してならない禁を侵しtしまいましたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2011-04-05 15:01 | Trackback | Comments(1)