人気ブログランキング |

平和に慣れ過ぎた日本

      秋の終わりの風景も今年の思い出
a0016161_17263372.jpg

年の瀬も迫り冷たい雨の毎日です。
歳を重ねると楽しかった事も辛い思い出も多く重たく積み重なります。
64年前の暮の或る晴れた日、大連の雪の公園を父が私と姉妹を散歩に連れ出しました。
何時間歩いたのか、疲れた末に妹を背に暗くなった家に帰り着きました。

寒く冷たい中にもただ楽しい思い出として残った一時でした。

父の死後、細かい事柄まで記された当時の手帳に
「もう駄目だと考え子供達を連れて死に場所を探した・・・然し、無邪気にはしゃぐ子供達を 見て決心がつかなかった・・・」と書かれていた。

その手帳も天草大水害で僅かに残るアルバムと共に流されました。

思い出は作られ流れ去って行くものですね。

伝え聞く現在の北朝鮮の人々の塗炭の苦しみを思えば今の日本、本当の底辺の人々へ手を差し伸べることと将来を担う子供達に教育の機会を奪うことの無いように努めれば明るい未来が訪れるでしょう。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/11710228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2010-12-13 17:56 | Trackback | Comments(0)