人気ブログランキング |

暑い夏の日の想い出。

a0016161_9335146.jpg

昭和15年8月、母の最初で最期の里帰りに姉弟3人 母に連れられ佐世保、長崎、天草と一月の夏を過ごした。
生まれ育った旅順の気候に比べ暑い日々であった事を幼心にも鮮明に覚えている。

それから5年後、暑い夏の日に日本に新型爆弾が投下された事、甚大な被害である事がインターネットは勿論、各家庭に電話も無い時代に遠い満州の地にも翌日には伝わった。
あれから気の遠くなるような65年の歳月が過ぎた今、ようやく核兵器廃絶廃止の話が始まった。
これが現実になるには長い時間が掛かるのであろう。

唯一、幸いな事は余りに悲惨な核兵器の被害に恐れたのか日本が最後の核兵器被害国となっている事である。
戦争の被害の悲惨さを教訓に平和を求め続け再興の時代を掛け続けた人々が現在、平和の恩恵を享受しているのであろうか?
昭和20年、20代の若者が85~95才になるほどの歳月が流れている。

暑い夏の日8月が来た。
トラックバックURL : https://tabibitohi.exblog.jp/tb/11084171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tabibitohide | 2010-08-05 10:03 | Trackback | Comments(0)