熊本は大雨!!

強い雨も小雨に変わりました。
梅雨の時期に雨降るのは当然ですが、毎年のように6月の終わり、65年の大水害の日が近付くと豪雨となります。
今日も小碩橋から白川を見ると改修された堤防の中間を通る道を濁水が超えています。

驚きは今まで違い水の流れの速い事です、河川改修で水害が防げるに違いありません。
a0016161_09084508.jpg
私は禁煙はしません、只他人が居る場所で遠慮しながら喫煙するのは嫌いです。
雨が降る日は困ります、スーパーの喫煙場所です。

雨を防ぐ屋根が無くなりました、次にベンチが撤去されました。
こんな姑息な手段を講じるくらいなら堂々と敷地内禁煙と決めろと言いたい思いです。

我が家でも青空を見ながら紫煙を燻らすのが至福の時です。

透明な屋根で覆った東屋を設置する必要が有りそうですが日曜大工は無理になりました。

# by tabibitohide | 2018-06-20 21:43 | Trackback | Comments(0)

時は止まらない

a0016161_21550590.jpg
私達は昭和30年3月、熊本県立熊本工業高校電気科2組を43名の同級生と卒業しました。
3年間、席替え無し、前後左右、変わらぬ顔を眺めて過ごしました。

卒業後63年を経た今も出欠をとる通りに名前が呼べるほどです。
3年間ほど存在した完全小学区制、共通一次試験の時代、小学区制適用外の高校に各地からの生徒が集う変わったクラスでした。卒業時は超就職難の時代、卒業時に就職決定者、わずか4名、残りは職を求め全国に散って行きました。
a0016161_21545639.jpg
ようやく不明者2名を除いて住所が判明したのが卒後20年、爾後、隔年に催したクラス会の最後が玉名市小天町の「那古井館」参加者20名、全国から参加しました。次回を約して散会しましたが、これが最後のクラス会になりました。
a0016161_21551683.jpg
平成18年10月11日から12年、参加者中、6名が物故者の仲間入りです。

毎回、クラス会の準備をした4名、写真の中央2名も世を去りました。

時を止めることは叶いませんが写真の中だけに時を止めて生きています。
























# by tabibitohide | 2018-06-18 20:58 | Trackback | Comments(0)

地中花

a0016161_16343107.jpg
「マルバツユクサ」ツユクサとそっくりですが咲く花の数は少しです。

庭に繁茂すればこれ程、厄介な植物はありません。
ドクダミと比肩する強力な野草です。
根こそぎ抜いたつもりでも間もなく数倍の芽が出てきます、除草剤の散布は芽を出す度に散布する事、数回でようやく根絶です。
a0016161_16144984.jpg
雨の後の柔らかい土から抜いて見ました。
白く見える玉が地中花です。刈り取るだけでは10倍程度に増殖して当然です。

こんなに繁殖力が強い植物を食用に品種改良すれば飢餓は無くなるかも知れません。


# by tabibitohide | 2018-06-16 17:04 | Trackback | Comments(0)

熊本城の復興を待つ

a0016161_22003681.jpg
裏のお宮の境内に立つと正面、2Km先に熊本城が見えます。

昔の荒城が復興し天守閣が聳えるのが当然の風景が壊れて2年、再興はいつになるのでしょう。
熊本市の計画書を見ると2038年完成予定とあります。
「俺は生きていない‼確実に・・」仕方が無いので撮り溜めた写真を部屋に張ろう・・天守は3年後の完成、然し天守閣が熊本城ではありません。
a0016161_22004839.jpg
風情ある石垣のある風景を眺めたい、石垣の下で休息を楽しみたい、ささやかな楽しみはもう味わえないのです。

# by tabibitohide | 2018-06-15 22:23 | Trackback | Comments(2)
a0016161_20185972.jpg
政府は12日、「2017年度の科学技術白書を閣議決定した」との報道。

各国の科学技術関係予算の伸び率が200年度比較で中国の13.48倍は例外として韓国の5.1倍に対し日本は1.15倍と雲泥に差である。
国立大学が学校法人化されて2004年度以降、国から交付される運営費交付金は毎年、前年度比1%減されているのも一因であろう。
研究職に進みたいと言い東大理1に進学した遠縁の子が「研究室の枠が少ないからなあ」言っていたのが大学院2年修了で企業に就職した事の疑問の疑問の一端が解けた。
予算が削られる一方、新たに学校法人に新設された理事職には例外なく官庁が天下り若しくは出向している。

終局は日大と同様に理事会が大学の組織を牛耳るのではあるまいか?

金は出さずに口は出すを地で行く姿が見えて来る。

模倣大国と世界から言われた70年前に逆戻りして他国の技術の模倣で稼ぐ国になるつもりかと慨嘆する。


# by tabibitohide | 2018-06-12 21:10 | Trackback | Comments(0)
a0016161_20523264.jpg
最近の出来事は常人の理解を超える事が多すぎます。
日大アメフト問題から展開した日大の問題はどこまで広がるのでしょう。

8万人を学生を預かる教育機関が一握り、否只一人の人間の支配下に置かれる現実、正直、信じられません。
絶対君主制でも行わないであろ組織の法律とも言える規約も反対無く変更できるとは事実であれば異常と呼ぶほか有りません。
組織内で、改革がならず批判さえ抑圧されるのが事実であれば文科省を始めとして政治の出番です。

その文部科学大臣の発言も何処か他人事のように聞こえます。

このような大組織で情報開示が無く存在しているのが事実であれば、この日本の中に情報が隠蔽された組織がどれほどあるのか空恐ろしくなります。


# by tabibitohide | 2018-06-11 22:19 | Trackback | Comments(0)

画像の整理

使用中のハードでジスク内の画像の整理を始めました。
以前はCD~BDと保存していましたが最近は時系列にハードディスクに入れたままです。
a0016161_20523849.jpg
まずは風景・草花・記録・・等々、分類してじけい列に分類と予定、然し現在約2萬枚何時まで掛かるか判りません。
何万枚あるとも知れぬフイルムも段ボール箱に眠っています。

整理に飽きて最後は焼却するに違いありません。一番の間違いは失敗作も捨てられないのが最大の原因です。
どうせ最後は焼却処分と知りながらも古着を捨てられぬ貧乏性の所為に違いありません。

15年前の画像です、場所も周囲の人々の記憶も鮮明です・・本当かな?

# by tabibitohide | 2018-06-10 21:10 | Trackback | Comments(0)

読書のお時間

本を読む時間は楽しい時間です。
残念ながら最近は本を開いて30分もすれば眠くなります。
a0016161_20091564.jpg
今日は、文芸春秋の発売日です。
毎月、10日が発売日ですが時々、一日だけ前後します、今日は一日早い発売です。
文芸春秋を読み始めて60年を過ぎました、発刊が大正12年1月31日、今年95年を迎えていますので2/3は読んだ計算になります。
a0016161_20091564.jpg
高校時代、級友の上田君が「美人だろう」と見せてくれた「兼高かおる」のグラビアが掲載されていた「文芸春秋」

1959年からTV放送された「兼高かおる世界を飛び歩き」その後の「・・・世界の旅」放送終了して30年近くの歳月が流れました。
美人の誉れ高い彼女も90才、17才で彼女の美しさを見出した上田君は尊敬に値します。

私がこの月刊誌を読み続けるのは単純です。
自分の思考が真ん中に居たい洋上の羅針盤えお求めているに過ぎません。

多くの著者の思考を提供し判断は読者に委ねる姿勢が好ましく思える事だけです。

もう古代の人々の洞察・思考に学ぶ思考の継続は失せています。

# by tabibitohide | 2018-06-09 20:58 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide