人気ブログランキング |

公文書廃棄

a0016161_17401330.jpg
世の季節は冬になりました。
国民の心も冬の気分を味わっているのではと感じます、少なくとも私には・・・・。

最近は国会中継も観ません、子供の言い訳でも通用しない議論を延々と聞くことほど苦痛はありません。

「桜を見る会」の論戦?論戦と言えるレベルにもとどきません。

記録は廃棄したから判りません??脳味噌の中には多少なりとも残っているだろう頭を割って脳味噌を調べろと言いたくなります。

国民が経営する会社法では会計書類会社法では10年間、税法では申告後7年間の保存が義務付けられています。無くした、廃棄したでは通りません。
罰則もあります、
①青色申告の取り消し②推計課税③仕入れ税額控除認定せず等々、爾後の多くの不利益が生じるのみならず、悪質と認定されれば犯罪者です。
議院内閣制での三権分立の弱体化、小選挙区制による政党中枢への権力集中等の危惧されていた部分が顕著になったのでしょう。

現状を是正するには主権者たる国民、有権者の意識改革を待つほかありません。



# by tabibitohide | 2019-12-04 21:08 | Trackback | Comments(0)

73年前の12月を想う

a0016161_18410812.jpg
昭和21年12月、凍てつく満州大連の仮住まいの一隅で10才の私は夢か現の中で生きていました。
今でも夢の中の出来事のように思えます。

秋の終わりまでは大連の街角で首から下げた箱に饅頭を時にはピーナツを入れ売って幾許かの食費の足しを稼いでいました。

12月にもなれば寒空の下、街行く人の疎ら、寒い家の中食卓の下に電熱器を入れ破れ布団を掛けた中で妹二人で父と姉の帰りを待つ日々でした。
生きているのか死んだのか判らぬその頃のある日夢を見ました。

夢の出て来たのは俵藤太と大百足・・百足が話すのです「お前たちは来年、1月14日に日本に還れるもう少し頑張れ」帰って来た父に話すと「お前が見た夢なら本当だろう、頑張ろう」と言いました。
翌日、畳に手を点いて起き上がると指の間に痛みが走り見ると百足に噛まれたのです、氷点下に居る筈も無い百足です。

然し現実だったのです,明けて正月、14日、引揚が始まるので明朝10時に〇〇小学校へ集合するようにとの連絡です。

収容所を経由してようやく2月初旬、旧正月の日に夢に見た日本内地に帰り着いたのです。

父の実家で一か月ほど床に着き回復してすぐに小学五年に復学、違う世界に来たような生活・・慣れるのに長い時間が必要でした・・


# by tabibitohide | 2019-12-01 21:36 | Trackback | Comments(2)
来春からコンビニのレジ袋が有料化すると言う。
コンビニに行くことも殆ど無い連中が決める事自体が変な話である。

レジ袋を使い始めたのはコンビニ業界の利便性からであろう。
プラスチックごみの弊害は衆目が認める事実、削減が喫緊の事態に迫るのも事実である。
対策は単純である、当該業界に使用禁止を求めれば済む話である、対策は使用を始めた業界が行う事である。己が蒔いた種も除去出来ない業界ではあるまい、
始末は消費者の懐に転嫁する政策が許される筈も無い。

元々、レジ袋はプラゴミ全体の僅かの数量に過ぎない、全くおかしな政策と考える。

# by tabibitohide | 2019-11-28 22:04 | Trackback | Comments(2)

睡眠時無呼吸症候群

a0016161_20552445.jpg
a0016161_20553261.jpg
睡眠時無呼吸症候群(SAS)最近、この病名を聞く機会が多くなっています。
体質的な原因による場合が多い症状ですから病気と呼ぶべきか迷いますが現在は健康保険の適応症と認定されていますから病気と呼ぶべきでしょう。
日本人では潜在患者数が400万か500万人とも言われ治療中の患者数は40万人程度と言われます。

私はこの治療を受診歴7年のベテラン患者です。
睡眠時無呼吸症候群は発見し易い症状です「睡眠中に鼾をかき途中で呼吸が止まり、また鼾が始まる、身近な家族が気付く短銃な症状です。
私の場合、7年前,76才の11月、急に人と会うのが苦痛になり、本が読めないテレビを観る気持ちが失せる、完全に無気力状態に陥りました。
「これは老人性鬱病に違いない」と自己判断して心療内科に予約を入れたのが12月の終わりでした。年末という事もあり各病院から年明けに連絡して欲しいと断られました。
その時、普段から妻に言われていた夜中に呼吸が止まると言われていたことを思い出し、「くわみず病院」の睡眠時無呼吸症候群診療部門井電話して年明け5日に予約しました。検査入院の結果、一晩、8時間睡眠中に190回の呼吸停止で重症との診断です。
爾来、7年間 毎夜「C-PAP」を装着して床に就いています。
周囲から継続するのは困難で中途挫折の人が多いと聞きましたが模範的な優等生患者、翌日から症状は消え読書もテレビもおしゃべりも楽しんでします。
睡眠時無呼吸症候群に起因すると思われる合併症「高血圧」「糖尿病」「心臓肥大」等々、症状は顕れていましたが小康状態を保っています。
無呼吸で生じる酸素不足は心臓への負担を始め様々な症状の誘因となります。

患者数が少ないのは専門医が少ない事もありますが、月に1回の受診で保険適用,凡そ1回の診療報酬が16,000円、保険適用で4,800円~1600円の自己負担、病院の経営に寄与することも少ないのも原因か???


# by tabibitohide | 2019-11-26 22:14 | Trackback | Comments(0)

受験戦争を迎える子供達

a0016161_18334237.jpg
年の瀬を前の霜月、18歳の若者達は厳しい受験戦争を目前に健闘しています。純粋な彼等はこの競争社会が公平であると信じて今日を戦っています。
国会の論戦、各メディアの報道を見乍ら感じるのは教育行政と無縁の利害の渦巻く構図が見え隠れします。

センター試験で有れ、民間委託試験で有れ大学で学ぶ実力に達しているかを知る手段に過ぎず、入学者の選別は各大学独自の公平な試験の採点結果によると信じたいものです。

以下 参考文献:中日新聞

英語試験法人に天下り 旧文部省次官ら2人

 衆院予算委員会は六日、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。二〇二〇年度の大学入学共通テストへの導入が延期された英語民間検定試験に関し、実施団体の一つベネッセの関連法人に旧文部省、文部科学省から二人が再就職していたことが明らかになった。野党は、英語民間試験導入の背景に官民癒着があるのではないかと追及した。

 関連法人は、ベネッセと共同で英語検定試験を実施している一般財団法人・進学基準研究機構。法人はベネッセ東京本部と所在地が同じ。文科省の伯井美徳高等教育局長は予算委で、旧文部省の事務次官経験者が同法人に再就職し、十月一日まで理事長を務めていたことを明らかにした。国立大学の事務局長を務めた文科省退職者も同日まで参与を務めていたと述べた。

 立憲民主党の大串博志氏は「(民間試験導入が)民間に利益が及ぶ形で考えられているのではないか。疑念を呼ぶこと自体が大きな問題だ」と批判した。

 萩生田光一文科相は共通テストの国語と数学の記述式問題については、予定通り導入する考えを示した。立民の川内博史氏が採点者に学生アルバイトも想定されるのかをただしたのに対し、萩生田氏は「さまざまな属性の方が含まれる」と否定しなかった。


# by tabibitohide | 2019-11-07 21:58 | Trackback | Comments(0)
a0016161_20430981.jpg
2022年から高校の国語教育改革が予定され国語科目を「文学」「論理」に区分けされると聞く。
仄聞するところ最近の青少年は書物を、新聞すら読まないと聞く。
本来は小・中学で文学に親しむ機会を設けるべきであろうが時遅しの感もあるがっ現状では高校では文学を学ぶ国語教育を実践するべきであろう。
私は小学校に入る前から文字に興味を抱きあらゆる本を読んでいた。

日本語の文章ほど初心者に読みやすい文書は無いに違いない。古の日本人が仮名文字を作り出したことで日本人が飛躍的に文章に親しむ機会が増したのであろう。
小学生のころには漢字は形で意味を類推して文章を理解できた。
国語辞典の存在を知り漢字を覚えた、漢字の姿から意味を知る便利なツール、目から鱗の思いであった。
乱読であった小説を系統だって読むようになったのは中学生になってからである。

担任教師は「松本吉生先生」村会議員を兼務していられたので自習の時間が時々あった。

その時間には必ず教頭の「岡元太義先生」が小説を一冊、小脇に抱えお出まし。
一時間、朗読される、生徒が聞いていようがいまいが読み続けられるのだ。
忘れもしない、最初の小説が芥川龍之介の「蜜柑」である、目の前に情景が浮かび声が聞こえてくる、汽車の窓の外の風景が見えてくる、芥川の心に入りこんで行く・・「トロッコ」「蜘蛛の糸」・・何冊であったろうか。
私が小説に引き込まれ、明治・大正・昭和と文学全集に没頭し、中学・高校と図書館での学生生活を過ごす入り口を与えて戴いた導師である。
読書が人生の役に立ったかどうかはわからない、比較することが不可能である。

論理は文章に親しみ己の力で見つけるものであり教えられるものではないのである。



# by tabibitohide | 2019-09-24 21:51 | Trackback | Comments(0)

戦争を知らない子供たち

戦争が終わって 僕等は生れた 戦争を知らずに 僕等は育った
おとなになって 歩き始める・・・
この歌が歌われたのは何年前だったろう。

今では両親が戦争が終わって親達が生れた時代になっている。

戦争が終わって 親たちは生れた 戦争を知らずに 親たちは育った
その子供達が現代日本を動かし始めている。
そして言う「戦争で取られた領土は戦争で取ろう」と・・・

君は目の前で無辜の人間が無意味に殺戮されるのを見ましたか?君の頭上を飛び交う銃弾を経験しましたか?
幸いにも我が国、我が国土で戦争に依って亡くなった人はいません。

私は一度だけ銃で撃たれた経験があります、ソ連兵の自動小銃(マンドリン)から放たれた銃弾が頭上を飛んで行く音・・必死に逃げながら、「逃げ続けるか?、隠れるか?」考えた事を昨日の出来事のように浮かびます。
銃を胸に突き付けられた冷たい感触を・・・

戦争は経験して悲惨さを知るでは無く、想像して悲惨さを知るべきなのです。





# by tabibitohide | 2019-09-10 20:47 | Trackback | Comments(0)

韓国では革命進行中

連日の韓国問題の放送に日本は大騒ぎのし過ぎではあるまいか?

冷静に考えれば、文在寅大統領が最高裁長官に人権派の金命洙氏を任命し徴用工問題について二審判決を支持し日本企業の敗訴が決定に際し我が国は三権分立国家であるので最高裁判決を尊重すると言明しました。

次いで検察総長に尹錫悦(ユン・ソギョル)氏を任命しました。

法務長官に腹心のチョ・ググ氏の任命を図り大統領が司法を手中に収める事を目指している。

文在寅大統領の手法を思うに本来なら国民は自国の体制の変化に対しては自国民の批判が自分に向かって当然であるが批判の矛先を向ける相手を作りだしているに過ぎません。

今、韓国メディアはチョ氏の妻が不正疑惑で起訴されたことを大きく報じています。

この報道が事実であるとすれば、文在寅大統領の司法支配への風穴を開ける目的か、大統領との暗黙の合意があるのか時が見せてくれる筈です。

我々日本国民には大きな関連性があるとは言え、淡々と事実に照らした対応、を続けることが大切です。

傳家の宝刀は抜いてしまえばそれまで、抜かぬからこそ傳家の宝刀として存在します。

テレビ・新聞・雑誌は興味を煽り売れてなんぼの商売、国民は自分の頭で考えて行動しましょう。

革命の応援のお手伝いをすることはありません。


# by tabibitohide | 2019-09-09 07:52 | Trackback | Comments(2)