「強かった?今も強かよ」と異論が出るかもと思いますが、私は昭和22年から5年間の居住ですから現在の事は無知です。

父の故郷、天草に引揚げて驚いたのは、成人男性が居ない事でした。

男性は老人と子供だけです、

海沿いの地域は海運業、農家の働き盛りの男性は多くは関東・関西地方への建設現場へ特に石垣造成の職人として出稼ぎへ帰省は盆正月だけです。

従って女性の力が大きく強い存在でした。

a0016161_21504912.jpg
a0016161_21505900.jpg

a0016161_21502155.jpg

















他家の事はさて置き今日は我が一族の一端の聞き書きを記して見ます。

現在の上天草市樋合島、旧天草郡今津村樋合に今津村立今津尋常小学校樋合分校が存在しました。

1875年(明治8年)~2010年(平成22年)まで名称を変更しながら135年の歴史を刻みました。

私の祖父はこの分校で教師生活を始めこの場所で教師生活を全うしました。

その子供、父の兄妹男6人女6人の12人は全員、この島で生れ育っています。

私達、孫4人を老いた身で育て91才まで生きた祖母は「強か天草のおなご」その典型ですが、その話はさて置き・・・

父の妹達を見れば「天草のおなごは強か!!」と思えますが特に強烈な印象を残す叔母の人生を振返ってみます。

牧野瑞江 1914920日~1946413日、行年32才。

昭和20815日、終戦時には中国上海で両替商、骨董店を営んでいました。

終戦の当日に叔母が取った行動の俊敏さには驚きます。

租界である上海では日銀券・朝鮮銀行券が併用されていましたが朝鮮銀行券が無効になると予測して全額を知人の中国人に与え食料を買い込むように指示して日本に渡る船を借り上げ全ての家具・商品と日銀券を積込み翌日早朝には天草へと出航したのです。

調べると航海距離は約840Kmです、何日の航海か知る由もありません。

私達家族が日本に帰り着いた19472月、には叔母は御この世には居なかったのです。

叔母が苦労して持ち帰った日銀券は預金封鎖で無価値になり数多な骨董品は全て散逸して無に帰しています。




# by tabibitohide | 2019-03-04 21:56 | Trackback | Comments(0)

国は根本から枯れて行く

働く現場から離れて19年、収入は年金頼りに背丈に似合う形で生きて来ました。

景気の動向も経済状況もメディアに頼りの生活です。

久し振りに建設業の現場で働く人々の声を聞きました。

現状はの下請業者は過酷な状況下にあるようです。

昭和31年に施行された「下請法」が2,003年に一部改正されましたが以前に増して厳しい条件が課せられているように思えます。

現状では殆どの元請から下請けに提示される日当は受注日当の半額程度が常識と聞きます。

元請は出来高払いで下請けが倒産しても、下請け従業員が再編成して仕事を続けるので痛手は最小限で済むようです。
a0016161_08074553.jpg


それぞれの業界で元請・孫請けと多岐に亘り実態を知る由もありません。

然し、我が国の代表的企業のTOYOTAを見ても本体企業の従業員、約37,000人に下請け企業の従業員、1,650,000人 下請け依存度の大きさが伺えます。

各企業の実態を知る術も持ちませんが、大企業が自社の存続と社員の待遇と社内留保を最優先と続ける、その結果は需要後退を招き景気後退するでしょう。

中小・零細企業で働く人々が国民の6割以上を占める国民が貧しくて、国で国の発展が望むべくも無いのは判り切った事です。


# by tabibitohide | 2019-02-20 08:14 | Trackback | Comments(0)
人間、老いて80才を過ぎれば物欲が消え恬淡とした境地に至ると思っていました。
然しその年齢になって見ると、そうでも無いようです。
a0016161_20553859.jpg
a0016161_20545099.jpg
苔生した庭の有る家に住みたい・ベンツで走りたい欲は消えません。
「子孫に美田を残さず」と西郷南洲の境地には最後まで至りそうにありません。

暮れに買った宝籤は未だに机の奥に眠っています、10億円の当選籤かもしれません。

齢を重ねるほどに床の中で夢見る時間が極楽です。
私がベンツに乗っていれば当選したのです。


# by tabibitohide | 2019-02-09 21:20 | Trackback | Comments(0)

生活できる賃金を!!

a0016161_21074390.jpg
立春を過ぎれば熊本の寒気も緩み春の訪れを感じます。
春闘と言う言葉も大きな響きを感じなくなった昨今、労働者の賃金は上昇しているのか疑わしい今日です。
近所のGSが今日はノーサービスデー、ガソリン価格が2円引きの単価です。
GSを始め小売店舗では常にアルバイト・パートの募集中です。
募集案内の時給は凡そ800円、週40時間、フルに働いても月13万円程度、これでは親掛かりのバイトしか集まりません。
企業の経営者は人手が余れば雇い止め出来る労働者を求めているようです。
この状況で愛社精神を求めても無理な話です。
日本だけの問題では無いようです、世界中に支配層・被支配層の隔絶が起きているように思えます。

支配層は富を増し被支配層は貧困に喘ぐ不満を抑圧すべく独裁に近い政策が取られるに違いありません。

人類が何百年単位で繰り返してきた愚かさが文明の発展に伴い短いスパンで起きて行くのではないでしょうか、近く去り行く後期高齢者の思考が杞憂に終わる事を願うばかりです。


# by tabibitohide | 2019-02-06 21:36 | Trackback | Comments(2)

厚労省の統計不正

a0016161_15554574.jpg
椿が綺麗に咲き始めました。植木市も賑わいを増しているでしょう。

国の根幹まで不正に染まってしまったようです。

大企業の中枢を担う経営陣が全体を見る力を失うと言うよりも目を背けた結果が数々の企業の不正を生み出して来ました。

幼い頃から英才教育を受け、己の力を過信して他より秀でている根拠の無い虚構に陥ったエリートと呼ばれる輩が遂に組織を崩壊に導き国家の破綻を招こうとしているのではあるまいかと懸念しています。

日産自動車を初めとする自動車会社の検査不正・耐震ダンパーの検査不正等々枚挙に暇ない現状、ついに国家の根幹までである。

私見するに「官・民」問わずに組織中枢に属する人間が組織の全容の把握する力の不足に違いありません。

組織を実際に動かしているのは現場で働く末端の従業員であり幹部と呼ばれる人々は組織の方向性を定める舵を取り大局を誤ることを防ぐために存在するのです。

末端で働く多くの人々は与えられた環境で精一杯、勤勉に仕事をしていると信じています。

過ちは全て組織の長に収斂します、班長・係長・課長・部長・局長・・・と中間管理職の責任を問う声がありますが、それが機能しないのはトップの責任です。

居酒屋の親父さんでも知っています「熊本で年収500万円以上取るのは10人に一人もいないよ」と話します。

その何倍もの年収のトップに言いたい「ボーツと生きてんじゃないよ」



# by tabibitohide | 2019-02-01 15:59 | Trackback | Comments(0)

故郷は近くにて

今日の熊日「記者ノート」
国立ハンセン病療養所菊池恵楓園入所者入所者、関敬さん(90)に関する記事を読みました。
a0016161_22192318.jpg
1943年から76年間の長きに亘り国策により隔離療養をせざるを得なかった生活が偲ばれます。
空気伝染が否定され治癒する病と判然とした1950年当時が患者の発掘隔離が最大であったと仄聞します。
1957年、私は恵楓園に隣接する結核療養所、国立再春荘に入所していました。
当時は既に結核は治癒する病気と医療界では認識されていましたが一般社会では忌避されていました。
a0016161_22181079.jpg
恵楓園で催事がある時には何時も遊びに行きました。
近年は高齢者ばかりの施設となりましたが当時は若者達も多く入所していました。

秋の文化祭には手塩にかけた菊の花が展示されているのが印象的でした。
60年以上も過ぎた今でも思い出すのが結婚して長屋に住むお婆ちゃんが、セキセイインコに言葉を教え「ほら今○○と言った」と話すのですがどうしても言葉に聞こえなかったこと等々です。当時の患者の調査は厳しいもので当時、住んでいた近所の一年先輩が強制収容されて帰って来なかったので患者だったと思っていました。

然し後年、聞き及んだことは半年後の精密検査で病気ではないと退所しながら近隣の風当たりを慮って親戚を頼った他所で仕事についているとのことでした。
治る病と判明した後も拡張した施設を満室にする為に強制収容を継続したやにも聞きます。
このような事は全ての国策に通じるのではと思います。

40年~50年で廃墟となる原発、ダム建設、造るのに金を遣い、壊すのに金を遣う、賽の河原に積む小石のように・・・


# by tabibitohide | 2019-01-24 22:57 | Trackback | Comments(0)

「成人の日」

「成人の日」に貴方は何をしていましたか?
そう問われて楽しい思い出が語ることの出来る人は幸せな時代を過ごせたのでしょう。
a0016161_20444550.jpg
平成最後の「成人式」は1月14日、月曜日に開催されました。
10年ほど前までは近隣の大学生が大勢、晴れ着姿で出かける様子が見られました。
今年は近所の娘さん一人の晴着姿を見掛けただけで、大学生は皆無でした。

私の成人式は1956年、浪人生活中、叔父の肥料工場の肥料を開拓地へ送るために近くの駅で貨車に積込作業に汗を流していました。
調べて見ると当日は日曜日、その頃は日曜も休日は稀だったのです。本籍地の天草の片田舎では中学卒業した15才で「青年団」へ自動的に入団式が行われ、その日から一人前、日雇いの日当も地域の苦役も一人前と認定されていました。
戦前は高等小学校卒業した14才で入団、全員、夕食後には地域の青年宿で妻帯するまで寝泊まりする習慣があったそうです。
18才で選挙権、成人と人としての権利取得を速める時代を造りながら何かを忘れ去り捨て去る社会を造り出しているのではないのでしょうか?
何が本当に必要かを大人達が真剣に考える時が今なのでしょう。

そう言えば成人式の祝いに村役場から送られた「50円と記入された貯金通帳・印章は」何処に消えたのだろう???

# by tabibitohide | 2019-01-14 21:34 | Trackback | Comments(0)
a0016161_20291547.jpg
兼高かおるさんが90才で亡くなった報道で知りました。彼女の存在を知ったのは高校生の頃、級友の上田くんが「兼高かおるは美人だな!」と言いました。
「誰や??」当時の私は世事に疎く社会の出来事に無頓着な少年ですでしたた。
彼が見せてくれたのは「文芸春秋」に掲載された兼高かおるのインタビュー記事と写真でした。
a0016161_20292690.jpg
昭和27~8年当時の高校生に雑誌を購入するゆとり等有る筈も無く図書館で本を読むのが知識の基でした。

彼には様々な常識を学びました。山下清画伯も彼から聞きました。

八幡製鉄所への見学旅行の帰途、折尾駅で「おい山下清がおるぞ!」と言うので見えたのは薄汚い浴衣姿のリュックを背負った中年男です「山下清て誰や?」「自分な知らんとや?」その生い立ち、現在行方不明等々教えてくれました。
川上哲治・美空ひばり・三橋美智也、程度しか知らない世間に無知な人間が最初に知った魅力的な女性「兼高かおる」が天国へ時代が過ぎ去って行きます。


# by tabibitohide | 2019-01-10 15:36 | Trackback | Comments(1)