丸山応挙展

a0016161_20250596.jpg
朝から「丸山応挙展」鑑賞に八代市立美術館へ出かけました。
昨年予定された展示会が地震のため中止され今年、改めて開かれました。
6月4日までですので時間が取れる日にと急遽出掛けました。
通い慣れた農免道路を走ると以外にも車が少なく快適に走行すると途中で地震被害のため通行止めの標識、車が少ないのが当然です。
展示品は国指定重要文化財2点を含め20点、見事な作品群でした。
とは言え門外漢にはどれだけ凄い作品かわよくわかないのが本音です。
熊本県立美術館で開催されたら大勢の人出でしょうが以外に少ない鑑賞者でした。
a0016161_20244896.jpg
帰りに松浜軒で花菖蒲の鑑賞を予定していましたが受付で尋ねると一・二輪はさ咲いているかもとの事、¥500円の入場料を惜しんで6月に出かける予定です。帰途は高速道路、久しぶりの高速通行は些か疲れました。

# by tabibitohide | 2017-05-20 20:53 | Trackback | Comments(0)

私の嗜好品

a0016161_21514740.jpg
私には食に対しての拘りは余りありません。
朝食の大根おろし・200ccの辛口日本酒の晩酌、土日だけ飲む350ccの一本の缶ビール。
ささやかなものです。
欲を言えば高級レストランでフランス料理と赤ワイン、食前にはシャンパンも良いな。
本当につつましい思いです。
本を読みながらチョコレートをかじるのも良い・・・ブランデーを少しばかりチョコはブラックに限ります。
私が死んだら墓前に酒と煙草を供えるそうです・・私の方が長生きするのも知らないで・・暇な毎日、空想だけで過ごします。


# by tabibitohide | 2017-05-17 22:04 | Trackback | Comments(0)
a0016161_17022499.jpg
a0016161_17023726.jpg

国会では共謀罪なる法案が審議中です。
そもそも基本的な法案の所管である金田法務大臣の答弁自体が曖昧模糊としている上に前回と異なる答弁でも平然としています。私は基本的に車の中にいつも双眼鏡を置いています。
多い時には、倍率の異なる3個置いています。
双眼鏡を持って山野・湖畔を散策すれば事情聴取を受けるかもしれませんが「そもそも」そのような事態は想定していないのでしょうね。

国会討論を聞いても野党の質問も表面的な事、答弁も自分の主張ばかり、「どだい」議論になっていません。
議員の劣化かこれでは質問と答弁を書類で提出して読売新聞に掲載すれば簡単に済む話、国会運営費用も省けるし議員も削減可能です。
私は読売新聞は読まないので政治ともおさらば、その前に人生おさらばです。

そうそう中学生の頃に祭りの屋台で望遠鏡を万引きした疑いを掛けられ警察に呼ばれたっけ・・・


# by tabibitohide | 2017-05-16 17:29 | Trackback | Comments(0)

息苦しい社会の到来?

a0016161_20374095.jpg
私は現在82才、私より年長で健康寿命を保つて健在の方々がどれほどの人数か知りません。
「物言えば唇寒し・・」の時代に育ち、己の思いを語り書き記しても社会に一人の個の意見として受認された時代を生きてきた人間には息苦しい時代が目前に迫る思いを断ち切る事が出来ません。

時の権力者、施政者は己の時代が永遠に続くと錯覚し長期展望を開くことができないのでしょう。

目の前の便利さを求めての行動が次世代の呪縛となり己をも破滅の道に導くことに思いが及ばぬのでしょう。人類の歴史は同じことを繰り返して来たことは私のような浅学の身にも歴史書の一頁をめくれば気付きます。
老いたる身は繰り返す歴史の一駒と諦観して傍観するだけでいいのかとゴマメノ歯軋りの日々です。


# by tabibitohide | 2017-05-10 21:23 | Trackback | Comments(0)

こどもの日

a0016161_20272010.jpg
今日は「こどもの日」昔は「端午の節句」と呼ばれていました。
昭和23年に5月5日が「こどもの日」に制定された時には学校でも家庭でも女の子から3月3日でも良い筈と盛んに言われた覚えがあります。
様々な謂れの有る祭日・祝日もいつしか休みの日、扱いになってしまったように思えます。
a0016161_20022041.jpg
昭和11年5月5日、80年前の「端午の節句」の記念写真です。
姉3歳私は1歳、今、残る最古の写真です。

写真好きの父が事有る度に写した写真を親・兄弟に送ったものが残っています。
写真の裏には当時12歳の叔母が書いたと思われる「十二年八月三日送着」と記してあるのを見れば祖母に送った写真でしょう。
最近のデジカメの時代、記録するつもりの膨大な画像がデジタルデーターとして収納されながら物質的な量の少なさから忘れ去られ消え去る事が少なからず侘しさを覚えます。
記録は経年劣化を憂い、火災・水害を怖れながらも自然に消滅していくのが自然の摂理に叶うのではと思う日々です。


# by tabibitohide | 2017-05-05 20:30 | Trackback | Comments(0)

憲法記念日に思う

今日5月3日は憲法記念日、日本国憲法が発布されて70年の月日が過ぎました。
私が日本に引揚げたのは昭和22年2月、11歳でした。
当然、新憲法が公布されている事を知る由もありません。

私が生まれて一月後に226事件、翌年に日中戦争勃発、その泥沼の戦いの延長線上での太平洋戦争。広島・長崎と二度の原爆投下による大惨事と子供時代を戦争の中で過ごした戦中派です。

憲法記念日にあたり日本国憲法、全文・十一章、百三条全文を読み返して見ました。読み返せば読み返すほど、現政権が憲法を変えようと思う条文は第九条以外には考えられません。
周知のとおり憲法を遵守すべき対象者は国の権力を握る施政者です。

憲法改正するには国民に選出された国会議員が発議する以外に在りませんが、国民の代表者たる者は改正の必要性を国民に周知徹底する義務があります。
我々国民は国会議員に全権委譲した訳ではありません。第何章、第何条をどのように変更したいのか国民的議論を惹起すべきであろうと思う日々です。
a0016161_20270507.jpg
野イチゴの季節です、ビニール袋いっぱい摘み帰る人を見掛けます。
庭に生えてくると邪魔な野草です。

# by tabibitohide | 2017-05-03 21:35 | Trackback | Comments(0)

短い一年、長い一年

a0016161_20055033.jpg


a0016161_20451655.jpg
ヒメシャガの花が咲きました。
消えてしまったと思えたが一年の歳月を経て芽を吹き誰も教えずとも花を開きます。

長く生きれば生きるほど時は速く刻まれます。平和な時代の時は速く進んでいきます。
辛く苦しい時代の時間は永遠に続くと思えるほど遅く陽が昇り何時沈むとも知れぬ一日が流れて行きます。

あの惨禍を残した第二次大戦が終結し日本国民はもとより全世界で不戦を誓った日から70余年過ぎた今も絶え間ない戦の日々が続き終わりの見えぬ平和を待ち侘びる無数の人間が長い一日を送っています。
私の80年の人生の中での僅か一年半の戦後の満州での生活が己の人生の半ばを過ごしたように長く思える時間です。
振り返れば花が咲き散り再び花開き散り染めるまでの時に親兄弟を失い友との別離を味わう長い歳月でした。
熊本大地震も、あっという間の一年と言われても被害者にはいつ終わるやも知れぬ長い苦難の現在進行中の時間です。
人々が忘れる事は責められませんが政治を志した人々は最後の一人まで見守る責務を担っているのです。


# by tabibitohide | 2017-05-01 20:54 | Trackback | Comments(0)
a0016161_21164412.jpg
齢を重ねた現在、つい昔 歌った童謡を口ずさんでいる。
「蛇の目でお迎えうれしいな・・」と口ずさみ、ついネット検索してみた。

「雨、雨降れ降れ母さんが蛇の目でお迎えうれしいな」について。

別に雨そんなに降ってほしくないし、母さんが蛇の形相して迎えに来てたら怖くないですか?
僕は全然うれしくないです。

こんな文章が出てきて本当か?と驚いた。
そういえば子供の頃「赤とんぼ」の歌詞「
夕焼け小焼けの赤とんぼ おわれてみたのはいつの日か」の歌詞を「追われいたのと」は・・」と思い込んでいたのを思い出した。
大正・昭和・平成と続く時間の流れで生活様式が変化を遂げていることに気付く。
明治・大正・昭和の三代を生きた父母と同じよう昭和・平成・??と三代を生きる事になりそうである。






# by tabibitohide | 2017-04-25 21:59 | Trackback | Comments(0)

秋の訪れ(萩)


by tabibitohide